資料請求・お問い合わせ

治具とは

油圧治具 マシニングセンタ用

油圧治具 タッピングセンタ用

手締め用治具 マシニングセンタ用

手締め用治具 タッピングセンタ用

空圧用治具

施盤治具

各種ゲージ類


東亜精機工業株式会社

治具とは

治具(じぐ)とは、加工や組立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。「治具」という日本語は同義の英単語“jig”に漢字を当てたものである。
日刊工業新聞社刊「機会用語辞典」によると次のように説明されている。
治具/冶具(ジグ)は当て字。工作物を固定するとともに切削工具などの制御、案内をする装置。
おもに機械加工、溶接などに用いる。これによっていちいちけがきする手間がはぶけ、加工が容易になり、仕上がり寸法が統一されるので作業能率を増し、大量生産に適する。
これ以外に治具という言葉は色々な分野で使われている。例えば鍍金業における薬液に漬けるための器具、熱処理業においても焼きむらを防ぐための器具、化成品を組み立てるための木型等があげられる。しかしなんといっても一番よく意味するところは、辞典にあるように『金属を削るときに必要とされる装置』である。
また治具とよく似た意味で取付具という言葉もある。
「取付具(fixture)部品加工の際、工作物を加工できるように機械に取り付ける装置。実際的にはジグと混用することが多い。(同辞典抜粋)」
治具を導入するメリットは、同一形状の製品ならば高度な熟練技術を用いずとも製品のバラツキを最小限に抑え、迅速に大量生産することを可能にする点にある。一方で、多品種少量生産においては多数の治具が必要になり、治具自体の生産コストによるデメリットがメリットを上回るケースも存在する。現代では金属加工以外の分野も含め、位置決めを行う器具や工具そのものに対して広く用いられるようになり、定義が拡散しつつある。